合気道ねっと aikido.ne.jp


合気道って何?
開祖植芝盛平翁の写真
合気道 開祖植芝盛平翁 (1883~1969)
合気道は、開祖植芝盛平翁が日本伝統の武術の奥義を究め、さらに厳しい精神的修行を経て創始した現代武道です。

開祖植芝盛平翁は若年の頃より、起倒流柔術、柳生流柔術、神陰流剣術、大東流柔術など古流の武術を修行され、 さらにたゆまぬ求道の心から宗教的啓示を受け、古流の武術を「道」へと完成されました。
 
合気道では相手といたずらに力に頼り他人と相対して無理に倒そうとしたり、強弱、勝敗を争うことはしません。 お互いに相和して切磋琢磨し合って稽古を積み重ね、心身の錬成、自己の人格完成を図るのを目的としています。
 
合気道は他人と優劣を競うことをしないため、試合を行ないません。試合形式を用いたスポーツは合気道とはいいません。 型の練習や東洋的修行法をもとにした正しい稽古方法で稽古を続けていくことにより心と身体のより良い上手な使い方を楽しく身に付けていくことができます。

合気道の特色

合気道は競技を行いません。お互いの習熟度にあわせて技を繰り返し稽古し、心身の練成、自己の人格完成を図ることを目的としていますので誰でも稽古できます。 稽古の積み重ねが健康によいのは言うまでもなく、日常生活において何事にも積極的に取り組む自信が自然と培われてきます。
また道場には年令、性別、職業、国籍を問わず多くの人々が集まってきますので道場は、人間理解の眼を深めるためにも最適の場です。 合気道の稽古に終わりはありません。稽古をはじめたら根気よく続けることです。うまずたゆまず求めてください。
稽古を続けることが進歩への第一歩であり合気道の大切な一面でもあるのです。

合気道の歴史

明治16年(1883)12月14日和歌山県西牟婁郡西ノ谷村(現在の和歌山県田辺市上の山)に生まれる。
明治41年(1908)坪井政之輔氏より後藤派柳生流柔術の免許を受ける。
明治44年(1911)志あって政府募集の北海道開拓民に応募、明治45年(1912)団長として北海道紋別郡白滝原野に55戸の同志を引きつれて移住、土地の開拓に着手する。ここで大東流柔術の武田惣角氏に会い教えを受ける。
大正8年(1919)父危篤のため故郷に帰る。途中京都綾部町に立ち寄り初めて大本教の出口王仁三郎師に会い心を開かれる。父逝去後一家京都綾部に移住し、修行道場植芝塾を開設する。
大正末年武道の新境地を開く。本格的に「合気の道」と呼称する。
昭和2年(1927)一家上げて上京、海軍大学校はじめ各所で指導する。
昭和6年(1931)現在の東京都新宿区若松町に合気道専門道場を建設する。
昭和15年(1940)公益法人として財団の許可を得る。
昭和16年(1941)茨城県岩間町に野外道場を設置、心技さらに一段と飛躍。合気道普及の礎となる指導者の育成につとめる。
昭和30年(1955)国内はもとより海外においても合気道の普及発展に力を尽くす。
昭和35年(1960)合気道創始の功績を以って紫綬褒章を贈られる。
昭和39年(1964)勲四等旭日小綬章を受賞。
昭和44年(1969)4月26日逝去。この日、正五位勲三等瑞宝章を生前の合気道創始の功績とその普及の功により贈られる。

このホームページの著作権は、合気道ねっとが保有しています。このホームページの一部もしくは全部を許可無く複製・使用することを禁じます